お金の授業

【初心者に向け】ふるさと納税について|優しく徹底解説|今日から始めてみよう!そして、生活をもっと豊かに

皆さんこんにちは!

 

ayuto
今回はふるさと納税について、話していきたいと思います。

 

この記事を読むことで、他の人よりもお得に、そして豊かな生活を手に入れることができます。

 

ぜひ、最後まで読んでください。

 

この記事の内容

  • ふるさと納税とは
  • おすすめのふるさと納税サイト
  • 今の生活よりも豊かになれる方法

ふるさと納税とは?

皆さん、ふるさと納税って、聞いたことある思いますが、実際にどんな制度なのか、知っている方は少ないと思います。

 

え?ふるさと納税?何ですかそれは~!

 

という人のために簡単に説明すると、

 

ふるさと納税とは

所得税と住民税を払っている人が、実質2000円支払う事で、様々な地域からの返礼品が貰える制度のこと

 

です。

 

ayuto
本来納める税金を他の地域に納めることで、そのお礼として返礼品がたくさん貰えるイメージですね

 

所得税と住民税を払っている人は、お得な制度となっているので、必ずふるさと納税をやりましょう!

 

ふるさと納税、やりたいです!でも、実質2000円ってどういうことですか?どれくらいの金額まで寄付できるんですか?

 

ayuto
それはですね、皆さんによって寄付上限金額が決まっています

 

寄付限度額は人によって変わるので、以下の計算シミュレーターを参考にしてください!

控除上限額シミュレーション

 

ここで注意ポイントがあります。

注意ポイント

皆さんが決めた場所に寄付先の自治体に寄付をした後、税金控除の手続きを忘れないようにしましょう

 

税金控除の手続きの手順として、以下の二つの方法があります。

 

税金控除手順

  1. 確定申告
  2. ワンストップ特例制度

 

ayuto
それぞれどういう制度なのかを説明していきますが、ここで皆さんに朗報です!

 

確定申告の場合、今までは寄付ごとの「寄付金受領証明書」をデータを一つ一つ入力するか、一枚ずつ貼り付けて郵送していたのですが、今年(令和三年分)の確定申告からは、特定事業者(国税庁指定のふるさと納税サイト)ごとに発行される「寄附金控除に関する証明書」が1枚あれば手続きが可能となります。

ふるさと納税簡素化、何が変わった?

 

ayuto
つまり、手続きが非常に簡単になりました♪

 

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる精度のことです。

 

ただし、このワンストップ特例制度の場合、1年間の寄付先が5自治体以内である必要があるので、気を付けてください。

 

他の注意事項としては、

 

ayuto
名義に気をつけて下さい

 

税金を納める人の名義でふるさと納税をしないと、ふるさと納税が機能しません。

 

おすすめのふるさと納税サイト

このふるさと納税をする際、ふるなび、さとふる、ふるさとチョイスなど、色々な便利なふるさと納税サイトがあるのですが、

 

ayuto
私は楽天ふるさと納税をおすすめします!

 

その理由として、楽天ふるさと納税では、寄付金額に対して最大30%程度のポイント還元が付くので、非常にお得な制度となっているからです。

 

ここから話が少しややこしくなるのですが、

 

楽天市場で買い物をする際、楽天カードを使うとポイントが+2%、楽天銀行を使うと+1%、楽天証券を使うと+1%、楽天モバイルを使うと+1%となり、まだまだある他のサービスと組み合わせる事で、最大で15.5%まで還元率を上げることができます。

 

このことを、楽天SPUと呼び、生活に必要な多くのサービスを楽天で使用していることを、楽天経済圏と呼びます。

 

楽天SPU・楽天経済圏とは

楽天SPU:楽天の各サービスを使うことで、ポイント倍率があがるお得な精度

楽天経済圏:楽天が提供する多種多様なサービスで構成されている経済圏のこと

 

寄付をして、返礼品が貰える上に、ポイントまで還元されるって凄すぎませんか?

 

ayuto
凄すぎるんです。これを知っているか知っていないか、やるかやらないかは、大きな差を生みます

 

このように楽天では、様々なサービスを使えば使うほどSPUが上がりますが、

 

他にも、5,0がつく日には+2%、楽天イーグルスが勝利した際には+3%と言ったイベントも開催しており、どんな人でも15〜20%程度は誰でも目指せます。

 

まずは、楽天の入場券である「楽天クレジットカード」作成して、お得にふるさと納税を利用しましょう。

 

ayuto
以下のボタンから楽天カードサイトに飛べるので、ぜひ参考にしてみてください♪

 

楽天カードはこちらから

 

まとめると、

楽天SPUを駆使して、セールや5,0がつく日を狙って、ふるさと納税を使えば、大量の返礼品とポイントが貰えます。

 

上手く使うことで、非常に節約できるので、上手く活用して欲しいです。

 

おすすめの返礼品

では次に、何を返礼品としてもらうか、についてです。

豪華なお肉や果物を返礼品として選択してもいいのですが、私は日用品をおすすめします。

 

理由としては、

ayuto
必要な出費を抑えて生まれたお金を自分のために使ったり、資産運用に回せたりできるからですね。

 

それでは、おすすめのふるさと納税先を少し紹介します。

おすすめのふるさとの納税先

  1. 静岡県富士市 寄付額13000円に対して、5000円相当のトイレットペーパー96ロール
  2. 福岡県北九州市 寄付額10000円に対して、約4000円相当のハンドソープ
  3. 大阪府貝塚市 寄付額10000円で3000円相当のタオル
  4. 佐賀県みやき町 寄付額5000円に対して、3000円相当のお米

 

ふるさと納税で、贅沢も良いですが、

家計の強化して、手元に生まれたお金で自由に使う道もあるよ、ということを知っておいて欲しいです。

 

楽天ふるさと納税を使いこなせると、先ほども話した通り、実質2000円の負担で、ふるさと納税の寄付金額×15〜20%の楽天ポイントが貰えます。

 

例えば、年収500万の人は年間限度額が約6万円なので、実質2000円の負担で、9000〜12000楽天ポイントと大量の返礼品が貰える、という制度です。

控除業限早見表

 

ayuto
非常にお得です!

楽天ポイントの使い道

次に疑問になるのが、その楽天ポイントの使い道だと思います。

 

楽天ポイントは多くの使い道があります。

 

例えば、楽天payサービスを使って、飲食店や日用品のお買い物が可能です。

(※店舗によって、楽天Payが使えるかどうかは事前に調べておこう!)

 

また、楽天経済圏での支払いにも使うこともできます。

 

ayuto
この制度を知っているか知らないかで、今後大きな差が生まれるのは明白ですね。

 

まとめ:ふるさと納税を利用して、生活を豊かにしよう!

 

ふるさと納税の手順のまとめです。

ふるさと納税まとめ

  1. 寄附上限金額を知る
  2. 寄附先の自治体を決める
  3. 確定申告orワンステップ特例控除の手続きをする

 

楽天市場から、楽天ふるさと納税を購入して、日用品や楽天ポイントを貰いましょう。

 

そして、生活費が浮いて生まれたお金で資産運用や自分の好きなことに使いましょう!

 

最後までブログを読んでいただきありがとうございました。ではまた!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ayuto|アユト

皆さんこんにちわ!社会人一年目のayutoと申します。 このブログにアクセスしていただきありがとうございます。 私は、このブログから皆さんにとって有益な情報を発信できるよう精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

-お金の授業

© 2021 ayuto-blog Powered by AFFINGER5