投資

【2024年新NISA制度】2023年は積立NISA?一般NISA?|新NISAについても徹底解説!

 

皆さんこんにちは!

 

2024年から始まる新NISAについて教えてください

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事を読むことで、そもそもNISAとは何なのか、2023年はどう動くべきか、2024年はどうすべきか、明確になります。

 

それではいきましょう!

 

なお、以下の動画でも分かりやすく解説しているので、ぜひチェックしてください!

 

 

この記事の内容

  • 積立NISAとは
  • 一般NISAとは
  • 新NISAとは
  • 2023年、2024年の動き方

 

 

前提知識

 

投資初心者向けに、投資の前提知識を共有します。

 

投資を始める際、○○証券の◇◇口座を利用する必要があります。

 

例えば、「SBI証券の特定口座を使って投資をする。」こんなイメージです。

 

多くの投資家は特定口座を利用しているのですが、特定口座の投資商品から利益が発生した場合、利益額の約20%を税金として支払う必要があります。

 

ayuto
20%、結構痛いですよね

 

そこで現れたのが、NISA口座です。

 

1人1つのNISA口座を利用でき、NISA口座で発生した利益に対して税金はかかりません。

 

大事なことなので、もう一度言います。

 

NISA口座で発生した利益に対して税金はかかりません。

 

この前提知識を抑えた上で、NISA口座の中でも「積立NISA口座」と「一般NISA口座」がありました。

 

ayuto
それぞれの説明を次に解説します

 

積立NISA・一般NISA・新NISAとは?

 

ayuto
積立NISA、一般NISA、新NISAについて解説していきます

 

それぞれのNISA口座で投資を始める際の「年間投資可能額、購入可能商品、非課税期間、投資上限額」をお話します。

 

表1 各NISA口座情報一覧

 

①:積立NISAとは

積立NISAの年間投資可能額、購入可能商品、非課税期間、投資上限額は以下になります。

 

表2 積立NISA口座情報

 

年間投資可能額が40万円、購入可能商品が投資信託、非課税期間が20年間、投資上限額が800万円までとなっています。

 

投資上限額まで考慮すると、少しややこしくなるので、一旦気にしなくてOKです。

 

年間40万円分の投資信託を非課税で20年間運用できる、これが積立NISAの特徴です。

 

図1 積立NISA投資可能期間イメージ図

 

例えば、2022年に積立NISA口座にて上限の40万円投資をしました。

 

投資した40万円は、20年後の2041年まで非課税で運用できます。

 

翌年さらに積立NISA口座にて2023年に投資した40万円は、2042年まで非課税で運用できます。

 

②:一般NISAとは

一般NISAの年間投資可能額、購入可能商品、非課税期間、投資上限額は以下になります。

 

表3 一般NISA口座情報

 

年間投資可能額が120万円、購入可能商品が投資信託と株、非課税期間が5年間、投資上限額が600万円までとなっています。

 

間120万円分の投資信託と株を非課税で5年間運用できる、これが一般NISAの特徴です。

 

図2 一般NISA投資可能期間イメージ図

 

例えば、2022年に一般NISA口座にて上限の120万円投資をしました。

 

投資した120万円の利益/配当金は、5年後の2026年まで非課税で運用できます。

 

翌年さらに一般NISA口座にて2023年に投資した120万円は、2027年まで非課税で運用できます。

 

③:新NISAとは

一般NISAの年間投資可能額、購入可能商品、非課税期間、投資上限額は以下になります。

 

表4 新NISA口座情報

 

新NISAでは、積立NISAと一般NISAを合わせた口座となっており、年間投資可能額が360万円、購入可能商品が投資信託と株、非課税期間が無期限、投資上限額が1800万円までとなっています。

 

間360万円分の投資信託と株を非課税で無期限で運用できる、これが新NISAの特徴です。

 

一点注意点として、新つみたて枠に600万円(投資信託のみ)と新成長投資枠に1200万円(投資信託+株)となっていることには注意が必要です。

今までは積立NISAと一般NISAのどちらかしか利用できなかったのですが、2024年から新NISA口座として合わせて利用して良いよということですね。

 

ayuto
非課税期間が無期限なのは、個人的には一番嬉しいです!

 

2023年は〇〇NISAがおすすめ

 

先ほどご紹介した新NISAは2024年開始なので、「2023年はどうするか」問題に直面している人、いないでしょうか。

 

結論としては、2023年も引き続き2022年で利用していたNISA口座のままが良いです。

 

理由としては、積立NISA口座、一般NISA口座は非課税期間が異なるため、「この年で一般NISA口座が終了するからこうしなきゃ、、」といった余計な悩みが増えます。

 

100点満点を目指さずに80点の運用をしていきましょう。

 

ayuto
ちなみにですが、私は2023年も積立NISA口座を引き続き利用していきます。

 

2024年以降はこう動け!

 

さて、2024年はどう動くか。どう動くべきか。非課税上限金額の1800万円をどう運用していくか。

 

まずは、新つみたて枠の600万円は、これまで通り全世界株式インデックスファンドを積み立てていきます。

 

そして、新成長投資枠の1200万円をどうするか。ここはかなり悩みました。

 

私が出した結論を皆様に共有します。それは、「新成長投資枠の1200万円は、日本優良高配当株を購入すること。」です。

 

え?1200万高配当株は少し危険では?

 

おっしゃる通り、アクティブな運用になっています。

 

しかし、1200万円の高配当株を非課税で運用することで、毎年50万程度の配当金が非課税で入ります。

 

さらに、この配当株が成長し、50万から60万、70万、、100万と増えたらどうでしょうか。

 

投資信託売買をしてキャピタルゲイン(株の売買利益)を狙うのも一つの手ですが、インカムゲイン(配当金利益)を非課税にすべきと考えました。

 

ayuto
今後、配当金や利益に対してより税金比率は20%を超えてくると予想されますし、いつまで配当控除が適用されるのかも未知数です。

 

皆様はどう考えますか?ぜひコメント欄で教えてください!

 

まとめ:新NISA口座へ全力投資しよう!

 

今回は新しく発表された新NISA制度について解説していきました。

 

ayuto
ヒトが作る制度はいつか終わり、もしくは改正が訪れます。

 

今回の例ですと、NISAから新NISAへと改正されました。

 

2024年からの非課税投資枠は1800万円となっていますが、そのうち上限撤廃されるかもしれません。

 

そのため、今できること。全力で新NISA口座へ投資をするだけです。

 

ayuto
何にせよ、積立NISA口座と一般口座のハイブリッド版新NISA口座ができるのは非常に良い政策ですね

 

皆様が稼いだお金が税金で持っていかれないよう、日々勉強して80点の行動をしていきましょう!

 

NISA口座を利用しているあなたは、既に80点です。

 

もし、証券会社を開いていない方がいれば、概要欄にSBI証券口座開設手順のリンクを載せておきますので、ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。ではまた!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ayuto|アユト

皆さんこんにちは!社会人2年目のアユトと申します。 このブログにアクセスしていただきありがとうございます。 私は、このブログから皆さんにとって有益な情報を発信できるよう精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

-投資

© 2023 ayuto-blog Powered by AFFINGER5