IT 資格

【AWSクラウドプラクティショナー】落ちた経験を基に解説|最短で合格への道

 

ayuto
私は別の試験(AZ-900)の試験に二回落ちています

 

その教訓を基にAWSクラウドプラクティショナーを勉強することで、合格を掴み取ることができました。

 

「この記事にアクセスしてくれた皆さんにも必ず合格を掴み取ってほしい」という想いで記事を書きます。

 

ぜひ最後まで読んでください!

 

なお、以下の動画でも分かりやすく解説しているので、本記事と合わせてチェックすることがお勧めです。

 

 

関連記事
【資格取得】落ちた経験を基にAWSソリューションアーキテクトアソシエイト(AWS SAA-C03)最短合格方法を徹底解説!

続きを見る

 

この記事の内容

  • クラウド(AWS)を始めて勉強したい方に向けて
  • AWSクラウドプラクティショナー試験予約方法
  • 試験合格するためにやるべきこと

AWSクラウドプラクティショナーとは

AWSクラウドプラクティショナーって何ですか?

 

AWSクラウドプラクティショナーとは

AWSというクラウドサービス試験区分のうち一番初級の資格のこと

 

もう少し説明すると、AWSクラウドプラクティショナーとは、Amazon社が提供しているAWS(Amazon Web Services)というクラウドサービスの基礎知識を身に付ける試験のことです。

 

ayuto
初めてクラウドを勉強したいという方にとっては一番取り組みやすい資格と言えます。

 

AWSとは似た試験に、Microsoft社が提供しているAzureというクラウドサービスの初級資格「AZ-900」もあるので、興味のある方は以下の記事も覗いてください。

関連記事はこちらから

 

関連記事
【資格取得】AZ-900に二回落ちたからこそ伝えたい|勉強方法を徹底解説|最短で合格への道教えます

続きを見る

 

AWSクラウドプラクティショナー試験内容

AWSクラウドプラクティショナーの試験内容・申込方法・合格点・勉強教材は以下となっています。

 

資格名AWSクラウドプラクティショナー(AWS Cloud Practitioner)
試験内容
  • クラウドのコンセプト(26%)
  • セキュリティとコンプライアンス(25%)
  • テクノロジー(33%)
  • 請求と料金設定(16%)
申込方法AWS 認定
合格点1000点満点中700点以上で合格
勉強教材

 

ざっと試験内容と合格点は7割以上なんだなぁと理解すればOKです。

 

ayuto
意外と7割の壁が高かったりします。しっかりと勉強をして試験に臨みましょう!

 

AWSクラウドプラクティショナー勉強方法

AWSクラウドプラクティショナーの勉強方法について解説します。

 

これから話す方法は、私の経験談を基に最速で合格を掴みに行く方法です。

 

AWSクラウドプラクティショナー勉強方法

  1. AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー 』を1~2周する
  2. Udemy が提供している『この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(8回分520問)』各点数が85%以上取れるようになるまで解き続ける

 

参考書『AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー』は、ネット購入がお得です。

 

ayuto
参考書Udemyのリンクを貼っておきます。参考にしてみてください!

 

 

Udemy公式サイトはこちらから

 

この2ステップで、クラウド初心者の方は、クラウド・Azureの知識が身に付くと同時に、合格も必ずできるはずです。

 

どちらもお金がかかってしまいますが、試験に不合格した際の、時間とお金と精神面から考慮すると購入して絶対に損はありません

 

うーん、、あんまりお金はかけたくないです・・

 

ayuto
ハピタスというサイトを経由して購入することで、ポイント還元という形でお得に購入も可能です!

 

手間はかかりますが、お得に参考書Udemyで問題集を購入したい方は、以下のハピタス公式サイトから登録をして、参考書Udemyを購入しましょう。

 

ハピタス公式サイト

 

詳細は以下の記事、動画内で解説しております。ぜひ参考にしてみてください!

 

関連記事
【ハピタス使い方完全解説】登録手順/ポイント貯め方/ポイント交換/会員ランクについて解説

続きを見る

 

 

私の体験談

私は、AWSクラウドプラクティショナーの試験を受験する前に、Azure900を受験しています。

 

その際、試験に二回連続落ちていました。

 

その経験を活かしてAWSクラウドプラクティショナーの試験では、先ほども話したステップで勉強をしたところ試験一回目で合格することができました。

 

そのため、「皆さんも私と同じ手順で勉強をすることで必ず合格できます」と断言できます。

 

ayuto
ぜひ、最短ルートで合格を掴み取ってください!

 

AWSクラウドプラクティショナー勉強方法

  1. AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー 』を1~2周する
  2. Udemy が提供している『この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(8回分520問)』各点数が85%以上取れるようになるまで解き続ける

 

まとめ:最短ルートで合格を掴み取ろう!

参考書Udemy(問題)を解く、この流れを強く勧めます。

 

AWSクラウドプラクティショナーを勉強することで、AWSのサービス、クラウド、その他基礎知識を身に付けることができます。

 

資格取得勉強をして損はありません。点と点がいつか必ず線となります。

 

ayuto
最短ルートで最善を尽くし『合格』を掴み取りましょう!

 

なお、AWSソリューションアーキテクトアソシエイト試験合格方法についても解説しています。

 

クラウドプラクティショナー合格後に、ぜひ参考にして勉強をしてみてください。

 

関連記事
【資格取得】落ちた経験を基にAWSソリューションアーキテクトアソシエイト(AWS SAA-C03)最短合格方法を徹底解説!

続きを見る

 

最後までブログを読んでいただきありがとうございました。ではまた!

 

 

Udemy公式サイトはこちらから

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ayuto|アユト

皆さんこんにちは!アユトと申します。
本サイトへアクセスしていただき、
誠にありがとうございます。

「小さな積み重ねが
とんでもない所へ行くただ1つの道」

日々コツコツと積み重ねていきます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

-IT, 資格