道徳

【父からの教え】命の尊さについて

 

皆さんこんにちは。

 

本日は、「命」について父から教わった教えを皆さんに共有したいと思います。

 

ayuto
私は現在一人暮らしを始めており、実家には「ぴーちゃん(以下🅿️ちゃん)」という名前の可愛い文鳥さんがいます。

 

本日もいつもと同じように、会社に出勤しに行ったところ、父から以下のメッセージが届きました。

 

私は、父からのメッセージを読み、熱い想いがこみ上げてきました。

 

最後に私の想いも記載しているので、ぜひ最後までお読みください。

 

なお、以下の動画でも分かりやすく解説しているので、本記事と合わせてチェックすることがお勧めです。

この記事の内容

  • 父からの大切な言葉

父からの大切なメッセージ

 

そうそう、、

 

🅿️ちゃん、、、ますます具合が悪くてね、、、

 

歩けなくなったわ。

 

飛ぶのは完全に無理、、、

 

そこで、アユトに伝えておきたい。

 

鳥にとって、空を飛ぶのは、あたりまえ。

 

その、あたりまえが、あたりまえでなくなったことに、、、

 

それでも、飛べるものだと信じて、羽根をバタバタしてる姿、、、、

 

涙が出ましたが、、、、

 

それって、失礼なことだと悟りました。

 

飛ぼうとしてる努力を、第三者が哀れみとしてみることだから、、、、

 

ブランコも乗れない、、

 

歩けなくなる、、、、

 

とは、考える事も出来なかったわ。

 

でも、今朝、寝かせているケースから起こす時に、🅿️ちゃんに声をかけると、、、

 

いつもと同じく、愛らしく返事を返してくれて、、、

 

お腹が空いていたのか、エサをパクパク食べて、、、

 

暑かったのか、水を11回もゴクゴクして、、、

 

また、手のひらで、握りながら、服の中へ、、、、

 

呼吸も安定してるから、握りしめて服の中のわたしの心音でも聞いているのか、すごく落ち着いてるのが伝わるわ

 

この後、ゲージの中は、昨晩作った、止まり木の段差をなくして、木屑を敷き詰めた、バリアフリーで、、、、

 

小さな個体、、、だけど、同じ生命、、、

 

偶然の奇跡が重なって巡り会えたこと、、、、人間と同じよね。

 

今朝は🅿️ちゃんを抱きしめながら、そんなことを感じてました。

 

昨晩、文鳥の本を読んで、

 

文鳥って、弱くなっても、絶対に相手に弱くなった姿を見せないで頑張る習性があると、、、、

 

飼い主が、不安な目で文鳥をみると、文鳥は、それを悟り、、、「もう、ダメなのかな」と、、、諦めると書いてありました

 

なるほどな、、、、と

 

だから、、、

 

頑張れ、、、、とか、

 

痛いよね、、、、とか、

 

変な同情ではなく、いつもと変わらないことが、一番大切で、文鳥にとっても、、、、、と

 

このあと、仕方なく、仕事に行くのは、不憫極まりないけど、、、、

 

でも、それもまた、平常の日常なんだと、信じて、置き去りにしてしまうことを🅿️ちゃんには許してもらえるかな、、、と

 

昨日の夕方、、

 

最寄り駅のホームに着いて、電車のドアが開いて、速攻帰り!!

 

玄関のドアまで、、、8分!

 

愛らしい声で、泣いて元気だったわ

 

命について、、

 

参考までに、、、

 

父からの教えを受けて

 

「文鳥だから」、「ペットだから」、ではなく、1つの生命が厳しい状況にある時、当たり前のことができなくなった時、

 

私はいつも通りに振る舞うことができるのだろうか、と思いました。

 

今の私は、どうしても悲しいという感情が先走ってしまう未来が見えました。

 

ayuto
私は、家族のことが一番大切です。

 

ずっと、家族と笑って過ごしていたいですが、いつかはお別れの時がやってきます。

 

そんな時、今の私は、きっと冷静に振る舞えないだろうと思いました。

 

現在、一人暮らしを始めているので、家族と会うのは長期休み期間中です。

 

少しでも長く家族と触れ合い、私の成長した姿や土産話ができるように、限られた時間の中で頑張り続ける必要があると強く思いました。

 

皆さんに伝えたいこととしては、

 

大切な家族、ペット、友人、恋人が、当たり前のことが当たり前にできなくなった時、いつも通りに振る舞えるでしょうか。

 

今の私のように、悲しい感情を出すのではなく、父のように、立派に振る舞えるでしょうか。

 

時間は有限であるため、会社に押しつぶされずに、大切な人に会う時間を設けて、最後はいつも通り笑顔で、お別れできる、そんな人生を私は送ると決めました。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ayuto|アユト

皆さんこんにちは!社会人2年目のアユトと申します。 このブログにアクセスしていただきありがとうございます。 私は、このブログから皆さんにとって有益な情報を発信できるよう精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

-道徳

© 2022 ayuto-blog Powered by AFFINGER5