受験勉強・体験談

受験をしている方へ、私からの熱いメッセージ

皆さん、こんにちわ!理系大学四年生のayutoです。

お忙しい中、このブログにアクセスしていただきありがとうございます。

私は千葉県に住んでいるのですが、本日、雨風がとても強いです。

皆さんの地域はどうでしょうか?

こんなに強い雨風が吹いていても毎日変わらず生活できる、こんな当たり前のことに感謝してブログを書いていきます。

それでは早速本題に入ります。

今、受験シーズン真っただ中だと思います。

小学校・中学校・高校・大学、それぞれに受験があり、人によってどこで受験をするのか変わってくると思います。

私は、高校受験と大学受験をしました。

この受験・勉強について語りたいことはたくさんあるのですが、この記事では、今受験をしている学生に向けて、メッセージを送りたいと思います(もう受験が終わってしまった方、本当に申し訳ありません。私がもう少し早くブログを始めるべきでした。しかし、この記事を読んで絶対に損はさせないので、ぜひ読んでください!)。

また、私のリアルな成績も開示します。

最後までお付き合いください。

受験生に送る私からのメッセージ

まず、私から受験生に向けてのメッセージは「絶対に、最後の最後まで諦めるないでください。今までの努力はあなたのことを裏切りません。自分の力を信じて頑張ってください。」です。

これは、私の体験談になるのですが、大学受験のとき、周りの一般の方より、はるかに勉強している自信はありました。

もちろん勉強時間の確保はもちろんのこと、勉強を効率的に学習する方法やどうすれば記憶として定着させることができるか、といったことを考えながら私独自のやり方で勉強していました。

きっとこれは今読んでくださっている方も同じだと思います。

しかし、中々結果が出ないんですよね。

わかります。私の場合、本番でやっと努力が実りました。

今までの点数とは比にならないくらい本当に急に伸びました。

まだ受験が残っている方、最後の一秒までもがいてください。

諦めないでください。そうすれば必ず結果は後からついてきます。

あなた自身の力を本番に発揮できるよう、心から応援しています!

さて、ここで少し話は受験から逸れます。

この話は受験に限ったことではないと私は思います。

日常の生活レベルにも通用する話だと私は思っていて、何かをするとき、諦めたその瞬間に周りのまだ諦めていない人との差が大幅に開きます。

例えば学生生活でいうと部活動やQOLの向上、社会人生活でいうとプロジェクトをもっと質の良いことに高めると言ったことでしょうか(まだ社会人になっていないのであくまで想像です)。

私自身の話になるのですが、大学生になり、高校生のあの頃の諦めず上を向く必死さがなくなってしまいました。

何かするとき、楽な方へ逃げず常に上を向いて進んでいる方のことを本当に尊敬しています。

私は皆、心の根っこの部分には真面目で常に何かにトライ(人のために動いたり)し、自分自身を成長させて立派な人になりたい、という感情を持っていると思います。

私自身も、まずはこのブログを毎日更新することから始めていき、変われるよう努力していきます。

辛いことから逃げ、自身の成長を諦めてしまっている方、何か小さなことでもいいので、私と共に少しずつ続けていきませんか、、、?

私のリアルな受験点数

最後に余談です。

これは私の大学受験のリアルな結果なので興味ない方は飛ばしてください。

これは受験を最後の最後まで諦めなければ、必ず結果がついてくるということを伝えたいのと、私自身の記録としてこのブログに残しておきたいので書かせていただきます。

全統マーク模試の第三回(高校三年生最後のマーク模試)では、芝浦工業大学工学部電気工に入れる評価がDでした。

法政・中央・東京理科大学は全てE評価でした。

また、センター試験前の最後のプレテスト(センタープレテスト)では、英語は時間内に解き終わらず86→104、リスニングは22→28、数学Ⅰ・Ⅱの合計点は上昇した結果が見られ109→141、物理はある分野はできるが他の分野でのミスで点数の浮き沈みが激しく81→47でした。

当時の私は、英語はもちろんのこと、物理の点数が一番ショックでした。

センタープレテスト結果がこちらです↓。

受験期には、何度も心が折れそうになったのですが、ここである友人が話してくれた「No rain, No rainbow」雨が降らなければ虹はかからないよ、という意味の言葉を私に授けてくれました。

これを私なりに受験に置き換えて考え、「勉強から逃げも隠れもせず、雨が降っているような辛いことを耐え抜いた先に虹のような素晴らしい合格が待っている」と勝手ながらに解釈しました。

そしてセンター試験の結果は、英語166点、リスニング28点、数学Ⅰ78点、数学Ⅱ81点、物理100点、国語50点(理系志望のため、国語に勉強を割く時間がありませんでした。現代文のみです)という結果でした。

周りから見ると、「なんだ全然じゃん。」と思う方はたくさんいると思います。

しかし、私は私自身への評価として、これは努力が実ったと思いました。

受験合格の結果として、センター利用で中央・法政大学まで合格をいただくことができ、また、私立の一般受験では、東京理科大学にも合格することができました。

これらの大学は全統マーク模試の第三回の結果で、どれもE評価だった大学です。

どうか、どうか皆さんも諦めずに努力し続けてください。

その先に必ず虹は見えます。

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました。何か私に聞きたいこと等ありましたら、遠慮なく聞いてください!

頑張れ!!受験生!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ayuto

皆さんこんにちわ!社会人一年目のayutoと申します。 このブログにアクセスしていただきありがとうございます。 私は、このブログから皆さんにとって有益な情報を発信できるよう精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

-受験勉強・体験談
-, ,

© 2021 ayuto-blog Powered by AFFINGER5