受験勉強・体験談

【受験勉強】独学で勉強してGMARCH・理科大まで合格[英語編]

皆さんこんにちわ!私はayutoと申します。

 

お忙しい中、このブログにアクセスしていただきありがとうございます。

 

今回の記事は「受験勉強 独学で勉強してGMARCH・理科大まで合格 【英語編】」です。

 

私は、大学受験のときに参考書を使って独学で勉強していたのですがそのとき何の教科書を使っていたか、どのようにして勉強していたかについて話して行きます。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 英語の参考書でどれをやればGMARCHレベルになるのか知りたい
  • 独学で英語を勉強する方法を知りたい

本題に入る前に、伝えたいことがいくつかあります。

 

今回紹介する参考書とやり方は、いくら独学といえども険しい道を歩くのは必須事項です。

 

また、勉強を効率よくするだけであり、決して楽な勉強方法ではありません。

 

常に自分と戦い、負けずに頑張れる人だけ見てください。

 

必ず、GMARCHレベルにまでは引き上げてみせます。

英単語はこの一冊

私が使っていた英単語の参考書は「システム英単語(以下シス単)」です。

 

このシス単をどのようにして使っていたか、話します。

 

まず、シス単は毎日使っていました。

 

もう何周したのかわかりません。

 

シス単は一日で復習100個と次の100個繰り返しやっていました。

 

これは皆さんのペースに合わせて適宜変えればいいと思います。

 

ayuto
大切なのは毎日やるということです

 

シス単で新しい英単語を覚えるとき、発音がわからなければ、聞いてアクセントの部分に印を付けていました。

 

これが後にリスニングやセンタ―試験の発音問題も解けるようになるのでお勧めです。

 

シス単では、一つの英語に対して日本語訳と例文が載っていますが、この例文は無視してください。

 

一英単語に対して日本語訳がすぐに出てくるレベルまで上げてください。

 

それができるようになったら、日本語訳の近くに書いてある類義語や熟語も覚えてください。

 

これをするだけで、今まで読めなかった長文が少しだけわかるようになったと実感します(長文読解でさらにわかるようになります)。

 

また、シス単を何周もしていると似たような単語や熟語があることに気づきます。

 

それら一つ一つを単語の近くにメモをしていきあなただけの唯一の参考書を作り上げてください。

 

ayuto
この一冊の参考書を完璧にすれば、英単語は十分ですよ♪

 

英熟語もこの一冊

私が使っていた英熟語の参考書は「速読英熟語(以下速読)」です。

 

基本的には、英単語と同じ使い方で使ってください。

 

私は、速読を一日で復習50個と次の50個を繰り返しやっていました。

 

シス単と速読の大きな違いは、速読に長い長文が載っていることですが、この長文の使い方については、後に説明します。

 

英単語も英熟語も短い時間でできるので、すきま時間をうまく使って覚えるのもうまいやり方だと思います。

 

また、声を出しながらシス単と速読を進めてください。

 

もし、自習室等で声を出しづらい環境にいるときは、心の中で声を出してください。

 

そうすることで、覚えが早くなります。

文法の参考書

文法の参考書は合計で五冊あります。

 

多いですね。一つずつ紹介していきます。

 

一冊目と二冊目を同時に紹介します。

 

それは、「渡辺のとことんわかる英文法 上」「渡辺のとことんわかる英文法 下」です。

 

この二冊は、いわば文法の教科書です。

 

学校で配布される分厚い教科書よりもこっちの教科用をボロボロになるまで使い込んでください。

 

この二冊はそこまで分厚くないので、文法を勉強する最初の参考書としてうってつけです。

 

この二冊を読んで、文法のルールを理解してください。

 

いきなり問題を解くのではなく、先にルールを知って理解することが大切です。

 

どうしても分厚い本が買いたい、より詳しい説明を見たい、となったら「Forest」をお勧めします。

 

次に三冊目として、皆さんのも知っているであろう「NextStage」です。

 

これは分厚い参考書なのですが、この一冊を完璧にすれば十分だと個人的には思っています。

 

この「NextStage」には、基本的に問題とその解説しか載っていないため、文法のルールがわからないよという方は上の「渡辺のとことんわかる英文法 」を先にやるべきです。

 

ある程度ルールを理解している方でしたら、この「NextStage」一冊で戦っていけます。

 

ただし、条件として完璧にしてくださいということです。

 

問題数も多く参考書も厚いため、大抵の受験生は心が折れると思うのですが、この記事を読んでいる皆さんは折れないでください。

 

私は、この一冊を完璧にしたとき文法問題だけではなく、長文も読めるようになったことに気づきました。

 

これは後に話しますが、長文とはただ読めばいいだけではなく、単語や熟語、そして文法のルールを知って初めて読めるようになります。

 

だからこそ皆さんには、自分に負けずに頑張って下さい。

 

最後の四冊目として、「英文法ファイナル問題集」です。

 

この参考書は問題数も比較的少なめですが、「NextStage」で覚えたことが本当に完璧なのかがわかります。

 

私自身、「NextStage」で文法は完璧だと思っていたのですが、この「英文法ファイナル問題集」をやることで、さらに文法の理解が深まりました。

 

この参考書は10回分のテスト形式なので、大学受験が近くなったらやっておきたい参考書です。

 

英文構造

英文構造は、時間の都合で二冊しかできませんでした。

 

私が勉強した参考書の二冊は「入門  英文解釈の技術70」「基礎  英文解釈の技術100」です。

 

皆さんは、最初に「基礎  英文解釈の技術70」をやって下さい。

 

「基礎  英文解釈の技術70」では、高校基礎レベルからセンターレベルまで、「基礎  英文解釈の技術100」でGMARCHレベルまで引き上げます。

 

この英文解釈を勉強する理由は、英文の構造さえ理解してしまえば、長文で読めない単語が出てきても対応することができるからです。

 

この二冊は長文を読むうえで欠かせないので必ずやることをお勧めします。

 

長文読解

この、長文読解はいきなり参考書に手を付ける、すぐに長文を読む、これだけでは中々長文読解の力が付きにくいかなと思っています。

 

ではどうすればいいのかというと、長文を読むための土台を作るということです。

 

その土台とは、英単語・英熟語・英文法・英文構造、これらを理解して初めて長文読解の参考書に手を付けてください。

 

長文読解の参考書は、今までの参考書のように何度も繰り返し解くのはあまり効果が期待できないと個人的に思っています。

 

なぜなら、一度解いた問題なら、なんとなくのストーリーを覚えているからです。

 

そのため、違う参考書で多くの問題を解き続けることをお勧めします。

 

一例として、私が実際に解いていた参考書は「やっておきたい英語長文300」、「やっておきたい英語長文500」、「英語長文レベル別問題集 中級編」、「英文和訳演習 基礎編」、「英語長文ハイパートレーニング センターレベル編」等を解いていました。

 

参考にしてみてください。

 

リスニング

リスニング力を上げる方法は、毎日英語を聞くしかないと思っています。

 

また、毎日聞くだけはなく、シャドーイングという方法でさらにリスニング力を向上させることができます。

 

このシャドーイングとは、英語を聞きながらその音を真似して音声英語の後に続いて自分で発音していく手法です。

 

シャドーイングは英語を聞くと同時に話しているので、二つのことに集中できないという方もいらっしゃると思います。

 

その方は、まずは英語を聞く方に意識してください。

 

話すのはなんとなくで大丈夫です。

 

慣れてきたら、耳から聞いた英語を話せるように意識してください。

 

そして、聞く・話すも慣れてきたら、英語を発音しながらその意味もわかるように意識してみてください。

 

ここまでできた皆さんはもう完璧です。

 

きっと皆さんは私が到達できなかった領域に達しているでしょう。

 

遅れましたが、シャドーイングする教材は何かわかりませんよね。

 

その教材こそが、速読英熟語です。

 

この速読にはちょうど良い長さの英文があるため速読についているCDを聞きながらシャドーイングをしてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回は、英語を独学で勉強する方法について話していきました。

 

この記事で紹介してきた参考書は私が大学受験で使っていた参考書です。

 

もちろん、あまり効果が無いなと思った参考書は省いております。

 

この上記に記載されている参考書を完璧にすれば、皆さんは間違いなくGMARCHレベルに到達するはずです。

 

どう受験勉強を頑張ればいいかわかってきたでしょうか。

 

そう思っていただけたら、今回この記事を書いた価値はあります。

 

受験勉強は本当に険しい道ですが、最後合格したときのあの感動は一生忘れられません。

 

皆さんの勉強を少しでも効率よくし、第一志望に合格できるようこれからも精一杯アドバイスしていきます。

 

最後までブログを読んでいただきありがとうございました。明日もお会いしましょう。ではまた!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ayuto|アユト

皆さんこんにちわ!社会人一年目のayutoと申します。 このブログにアクセスしていただきありがとうございます。 私は、このブログから皆さんにとって有益な情報を発信できるよう精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

-受験勉強・体験談
-, ,

© 2021 ayuto-blog Powered by AFFINGER5